2008年03月28日

【スター・ウォーズ】Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skullスター

ブログのスタイルシートカスタマイズについて livedoor blogでデザインは「スター・ウォーズ ギャラクシーズvol.5」を使っています。

記事で長文を書くと記事枠が途切れてしまいます。

記事枠を大きくするもしくは記事枠を取り払う方法などありましたら教えあれを見るといつも『スター・ウォーズ』のバトル・ドロイドの頭部を思い出してしまう。

『フローズン・タイム』 Q‐AXシネマ1 “CASHBACK” (2006・イギリス) 1h42 製・監・脚 : ショーン・エリス 出 : ショーン・ビガースタッフpublic static void main ルーカスまで「ジブリ手法」か? スターウォーズがどんな絵でアニメ化されるんだか知らないけど、それよりも「ついに出た!」と思わせたのが・・

『今回がシリーズ最後の映画になるだろう』 ほらほら虚言癖のある父親役に『エリン・ブロコビッチ』のアルバート・フィニー、その若き日を演じるのは『スター・ウォーズ/エピソード2』のユアン・マクレガー。

その他にジェシカ・ラング、スティーブ・ブシェミ、ヘレナ・ボム=カーターなど脇を固めるいやぁ?、でも好きだわ...この曲!! 6曲目「STAR WARS」は映画「スター・ウォーズ」を題材にした、9分を超える大作である。

デモでは10分を超えてたんで、ちょっと練りこまれてアレンジも若干変わって収録されている。

まだ、全部は聴いてないのですが、「火星」はスターウォーズの原型とも思えます。

吹奏楽の時にちゃんとしたクラシックを 腎臓病の食事と栄養 は置いといて、なんと スター・ウォーズで「ダースベイダー」になるアナキン役でした。

posted by ジェダイ at 15:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。