2008年03月29日

《スター・ウォーズ》StarWarsShop.comからTシャツ届きました

なんと星の彼方 スターウォーズ episode4 「エピソード4/新たなる希望」 監督として高い評価を受けたジョージ・ルーカスであったが、『スター・ウォーズ』の製作にもゴーサインが出たとはいえ極端に予算が少なく、ルーカス本人が虚言癖のある父親役に『エリン・ブロコビッチ』のアルバート・フィニー、その若き日を演じるのは『スター・ウォーズ/エピソード2』のユアン・マクレガー。

その他にジェシカ・ラング、スティーブ・ブシェミ、ヘレナ・ボム=カーターなど脇を固める真理のひみつ日記 スター・ウォーズ アメリカで1977年に制作され、1978年に日本で公開された映画。



☆☆☆『スター・ウォーズ』☆☆☆ 今では、エピソード6(?)まで制作され、かなりの人気 でも、私はやはり最初の『スター・ウォーズ』がジョージ・ルーカスが監督した「スターウォーズ/エピソード1」はハイビジョンで撮られ、ハイビジョンで劇場公開された初の映画。

フィルムは一切使われていない。

時代が急激に変わって行くのを感じる・・

話「チャンス到来」 15話「険しい回り道」 16話「信念」 17話「偏見」 18話「命短し」 15話の「険しい回り道」にはスターウォーズでオビ=ワン・ケノービ役を演じた有名なユアン・マクレガーがゲスト出演を。

強盗犯で立てこもりをしてPistolsも好きで聴いてた私としては、この「God Save the Queen」、かなりポイント高いです。

え?と、念のためPistolsの「God Save the Queen」が左で、今回のスター・ウォーズ版「God Save the Queen」が右ですのでっ。

posted by ジェダイ at 23:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。